塩尻北のサーチライトの経緯

塩尻北のサーチライトの経緯

2020年12月4日から、長野道塩尻北IC近くのホテルで回転サーチライトが点灯されました。
このサーチライトは松本市北部や安曇野市をはじめ、松本平全域から見えました。夜空が明るくなったり、天体観測の支障になるほか、一般の方からも止めて欲しいなどの意見が寄せられました。

塩尻星の会ではサーチライトの点灯直後にミーティングを行い、
・光害調査を継続しているのに光害に対する啓もう活動は進めていなかった
という反省が上がり、一般向けの学習会など、できることから始めようという話になりました。

このサーチライト問題をきっかけに塩尻星の会で取り組んだ「光害防止条例制定の要望」「光害の学習会」などの活動を記録しておきます。その都度、使用した資料などもリンクしております。

時期項目
色文字は塩尻星の会で行った活動)
内容
2021年7月~8月内部勉強会:
「光害の防止に向けた条例改正案」の検討
長野県から公開された「光害の防止に向けた条例改正案」の内容を解釈し、会としてパブリックコメントへ提案する内容を検討しました。
検討時には、他の県などの条例の内容も参考にしました。
◆参考:
「参考資料:全国の光環境に関する条例」
2021年7月5日(月)~8月3日(火)長野県から
「光害の防止に向けた条例改正案」に関するパブリックコメント募集期間
長野県の環境部水大気環境課で作成した「光害の防止に向けた条例改正案」(概要)に対して、県民からの意見を募集するものです。
◆参考リンク(外部):長野県のページへ
「光害の防止に向けた条例改正案」パブリックコメント募集ページ
「改正概要」のページ
2021年7月5日長野県から
「光害の防止に向けた条例改正案」の改正概要公開
「光害の防止に向けた条例改正案」の概要が公開されました。
趣旨は以下の内容です。
(1)条例名の変更
 「良好な生活環境の保全に関する条例」に改める。
(2)光害の定義の明記
(3)規定する内容
 ○ 光害の防止
 ○ 星空に関する配慮等
 ○ 良好な星空環境の保全等のための啓発
 ○ サーチライト等の使用の禁止
詳しくは、「改正概要」のページをご覧ください。
◆参考リンク(外部):長野県のページへ
「改正概要」のページ
2021年7月3日第7回長野県星空継続観察ミーティングでの報告第7回長野県星空継続観察ミーティングで以下の発表をしました。
・光害対策ガイドライン勉強会の報告
・塩尻北のサーチライトの経過について
◆参考リンク(外部):宇宙県のページ
第7回長野県星空継続観察ミーティング
2021年6月5日「長野県は宇宙県連絡協議会」リモートミーティングでの報告令和2年度改訂版「光害対策ガイドライン」についての勉強成果を報告しました。
◆参考:
・発表資料「光害対策ガイドラインについて
◆参考リンク(外部):環境省のページ
・「光害対策ガイドライン
2021年4月~5月内部勉強会:
「光害対策ガイドライン(改訂版)」の読み込み
令和2年度改訂版「光害対策ガイドライン」について、旧版との違いや新たに追加された項目など、内容を把握するため、塩尻星の会内部での勉強会を実施しました。
2021年4月15日長野県担当部署とのミーティング「長野県は宇宙県連絡協議会」と「塩尻星の会」より各1名、計2名で環境部水大気環境課を訪問し、実効性のある条例制定を要望しました。
・日程優先のため、単独条例でなく既存の条例の改正となる
・議会提出前にパブリックコメントを募集する
などの回答をいただきました。
2021年3月26日環境省から
「光害対策ガイドライン(改訂版)」公開
環境省が「光害対策ガイドライン(改訂版)」を公開
◆参考リンク(外部):環境省のページ
・「光害対策ガイドライン
2021年3月25日県へ光害防止条例の要望書を提出長野県へ光害防止条例の要望書と全国の条例調査の報告書を提出しました。
要望書には、以下の内容を盛り込みました。
・目的(理念)の設定
・規制の内容の明確化
 (禁止事項、改善すべき事項、配慮すべき事項、地域の実情の考慮)
・県市町村・事業者・県民それぞれの責務の明確化
・光害の監視体制
・照明器具改善に対する支援援助
・改善命令、罰則
・光害の啓蒙
◆参考:
光害防止条例の要望書
全国の条例調査の報告書
2021年3月14日一般向け「光害学習会」Part2 開催Part1の学習会と同じ施設(塩尻北の近く)で光害の学習会と観察会を開催。
県議会で質問された内容の報告と光害対策の条例化を見据え、全国の光害関連の条例の調査結果を発表。
観察会ではサーチライトが消灯されていることを確認。
◆参考:
・発表資料「これまでの取り組み報告」
・発表資料「全国の光害防止条例の制定状況」
2021年3月3日光害対策について条例化に向けて動き出す
2021年3月3日長野県議会、令和3年2月定例会本会議丸山大輔議員(塩尻市)から、県に対し、光害(サーチライト)への対応についての質問がありました。
丸山議員:「他県でも光害を防止する条例が整備されている県があります。観光県たる長野県がそのすばらしい自然環境を生かしていくためにも条例整備が必要と考えますが、知事の御所見を伺います。」
知事答弁:「本県にとって、美しい星空は、観光資源としても、また生活環境の一部としても極めて重要な、ある意味財産であるというふうに思いますし、次世代へこうしたものをしっかり引き継いでいかなければいけないというふうに考えております。」
「より実効性ある対応をしていくことが必要というふうに考えております。そうした観点で、光害の防止に関する条例の改正を視野に入れて、サーチライトの規制を含めて光害への具体的な対策を前向きに検討していきたいというふうに考えております。」
◆参考リンク(外部):長野県議会のページ
令和3年2月定例会本会議 議事録
長野県議会本会議中継(令和3年3月3日 丸山大輔議員)/ YouTube
2021年2月24日インターネット署名とアンケート集計を県へ提出2021年2月16日~2月24日で実施した「長野県に光害防止条例を求める」署名とアンケート結果を県へ提出し、光害防止条例の制定を要望しました。
・インターネット署名  319件
・ アンケート      37件
2021年2月16日~2月24日長野県に光害防止条例を求めるインターネット署名、意識調査アンケートを実施2月長野県県議会でサーチライトに関する質問が行われそうだ、という話があり、より多くの声を県に届けるため、インターネット署名とアンケートを行いました。
◆参考:
インターネット署名
アンケートフォーム
 設問1:塩尻北インターでの回転サーチライト問題についてどう思いますか?
 設問2:光害についてどのように思いますか?
 設問3:長野県としてどのような取り組みが必要だと思いますか?
 設問4:長野県に光害防止条例は必要だと思いますか?
2021年2月~3月「光害学習会」Part2準備として、光害に関する全国の条例調査サーチライトを規制する方法を調べる中で、実は、松本市・安曇野市・駒ヶ根市は屋外広告物条例で「天空を照らす照明器具」を禁止していること(但し、今回は広告ではないので対象外)、飯田市の土地利用調整条例ではサーチライトを禁止していることが分かり、条例での規制が必要であると考えました。
そして、他にもどんな条例があるか、効果的な条例にはどのようなものがあるか、全国の光害に関する条例を調査することにしました。
2021年2月6日第5回「長野県は宇宙県」ミーティングでの報告第5回「長野県は宇宙県」ミーティングで以下の発表をしました。
・塩尻北IC付近の回転サーチライトに対する対応について
◆参考リンク(外部):宇宙県のページ
第5回「長野県は宇宙県」ミーティング
2021年1月22日一般向け「光害学習会」Part1開催サーチライトをきっかけに、地域の方に「光害」について知っていただくことが必要と考え、塩尻北の近くの施設で光害の学習会と観察会を開催。
環境省の「光害対策ガイドライン」を紹介し光害についての理解を深めていただきました。
※青木市議(松本市)が参加してくださり助言いただきました。
◆参考:
・発表資料「光害学習会&ほしぞら観察会」
2020年12月17日信濃毎日新聞に掲載信濃毎日新聞の「声のチカラ」に市民からの投書が紹介されました。
◆参考リンク(外部):信濃毎日新聞
松本平の夜空に謎の光線「UFOかと」正体は…
2020年12月自治体を通したサーチライト消灯のお願い市と県によるホテル事業者との調整
以下の理由により消灯は実現されませんでした。
・2月28日までの期間限定の点灯である
・地域住民には事前に説明してある
・禁止する法令がない。航空法上も問題ない。
◆参考:
サーチライトの様子(写真、動画
2020年12月4日長野道塩尻北IC近くのホテルで回転サーチライト点灯開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です